2012年

6月

27日

ENVO Realtime Environment Shader for 3dsMax - 背景モデルに特化した3dsMax向けリアルタイムビューポートシェーダー

ENVO Realtime Environment Shader
ENVO Realtime Environment Shader

ENVO realtime Environment Shader for 3dsMax

ライトマップ付きの背景モデルに特化したMax向けリアルタイムシェーダーです。

 

シェーダーデータとサンプルシーンデータがDL出来ます。

http://www.aurelm.com/envo/

http://www.aurelm.com/envo/

現在サポートしている機能

  • ディフューズテクスチャ
  • 法線マップ
  • オフセットマップ(視差
  • マスクマップ(鏡面、光沢、自己照明/グロー用)
  • 1つのリアルタイム拡散光、鏡面反射と減衰用
  • UVチャネル2上のライトマップ
  • 双方向ライトマップ
  • 反射マップ(キューブマップブレンドまたは加算) 強度の鏡面反射マップ、強度のフレネル係数、強度のためのマスクとしてライトマップを使用します。
  • 強度の鏡面反射マップ、強度のフレネル係数、強度のためのマスクとしてライトマップを使用します。
  • フレネル光(加算または乗算)沢山のパラメータ
  • フォグ(高さと深さ)
  • マスクテクスチャと頂点カラー赤のチャネルを使用して、テクスチャのブレンド。UVはマスクやテクスチャの2番目のセットが択可能です
  • 第二のテクスチャ(ディフューズ、ノーマル、マスク)
  • ディテールマップはUVタイルの選択、明暗は中間の灰色をしきい値として使用
  • すべての機能の選択可能なパラメータのロット。
  • 頂点カラーの赤はブレンド用、緑は反射強度、青はオフセットマップのパワー
  • 3つのテクニック : 不透明(Opaque),アルファブレンドとアルファテスト( Alpha blend and Alpha test) 
  • アルファは基本ディフューズのアルファチャンネルを使用し、追加効果として、頂点アルファで乗算されています。


制限事項

  • 今のところリアルタイムライトは一つ
  • マスクテクスチャとテクスチャの2番目のセットは、UVチャネル1を使用する場合は、オフセットマップは、マルチテクスチャリングを使用することができます。
  • シェーダは、任意のDirectXシェーダですので、3ds maxのnitrousドライバでは動作しません。 Direct 3Dを使用しています。

 

 

 

 

 

 

 

3D人 -3dnchu-

※移転しました

3Dnchu Has moved
3dnchu.com

 

CG関連のメジャー情報

またマイナー情報も

幅広く紹介

 

サイトの読み方は

"すりーでぃんちゅ"

by Ymt3d

3D人サイト内検索